限度額最高800万円のオリックス銀行カードローンは、限度額内で繰り返し借りられます。

契約後に届けられる郵送物

来店不要のネットでの申し込みで手続きを進めるオリックス銀行カードローンは、消費者金融のように契約機や店舗を利用した契約は行えません。契約完了後にカードや契約書類が郵送物として届けられ、所定の手続きを終えていればカードを受け取った時点で借り入れが可能となります。

来店不要となるのは手間をかけずに手続きが進められる良い点ではありますが、やはり郵送物が届くのは不安に感じるものです。封筒で家族に借り入れがばれてしまうのではないか、周りの人にカードローン利用が分かってしまうのではないかと不安になりますが、銀行のカードローンであれば比較的安心ができます。

銀行名での普通の封筒

オリックス銀行カードローンの契約後に届けられるカードや書類は、オリックス銀行が通常の業務で使用しているものと同じ封筒に入っています。差出人名はオリックス銀行のカードデスクとなり、封筒の表にも裏にもカードローンといった文字の記載はありません。

本人の受け取りに限定される形で届けられるため、家族が受け取って勝手に封筒を開けてしまうこともなく、封筒を見られただけではカードローンの契約とは分からないようになっています。

封筒を見られたとしても口座開設をした際にも使われる封筒のため、オリックス銀行での口座を開設したなどの言い訳もしやすいです。他の銀行でも同様ですが、差出人が銀行名になっていると家族に封筒を見られたとしても何とかなる場合が多いです。

消費者金融系は封筒が怪しい

オリックス銀行カードローンを含めて銀行でのカードローン契約は多くが銀行名での郵送物となりますが、消費者金融の場合には話が別です。消費者金融は利用者のプライバシーを守るためにサービス名は伏せた差出人としており、寧ろ逆に怪しい郵送物となってしまっています。

例えば大手消費者金融のプロミスでは、郵送物の差出人はパルセンターとなります。アコムではACサービスセンター、モビットはMCセンターといったようにそれぞれ消費者金融のサービス名は伏せられています。

パッと見ただけではどこからの郵送物が分かりませんが、どこからのものか分からないために封筒を見られると逆に怪しまれる可能性があります。また、今の時代はインターネットですぐに調べられてしまうため、パルセンターが差出人となっている封筒を見られて調べられると、すぐにプロミスからの郵送物とばれてしまうのです。

  • 契約機まで取りに行けば郵送物は無い

大手消費者金融や設置のある銀行の契約機、または店舗での手続きであれば、後日の郵送物はありません。その場でカードや契約書類を受け取るため、扱いに気をつけておけば家族にばれる可能性も低くなります。ただ、オリックス銀行カードローンのように契約機や店舗で手続きが行えない場合には、郵送物が届けられることとなります。

契約後に届けられる郵送物

カードローン契約後は、銀行の場合には何らかの案内が届く可能性があります。カードローンの案内ではなく基本的に銀行の別の商品の案内となり、銀行での取引がある方に対して送っているものとなります。

カードローン契約者に向けられた郵送物ではないので届いても問題は無く、当然ですが届けられる案内でカードローン契約がばれることもありません。ダイレクトメールのようなものなので、ポストに投函されていても何ら問題はありません。

案内以外に届く可能性がある郵送物は利用明細となりますが、最近のカードローンは明細のWeb交付が一般的となっているので、わざわざ希望をしなければ明細が郵送されることはありません。不安な方は念のため会員専用メニューやコールセンターで、明細がWeb交付になっているかを確認しておくと良いでしょう。

返済を正常に行わなければ何らかの書類が届く可能性があり、その際には家族に借り入れがばれる場合があります。正常な返済を行っている限りは安心ができるので、しっかりと期日通りに返済を進めるようにしてください。

トップへ戻る