限度額最高800万円のオリックス銀行カードローンは、限度額内で繰り返し借りられます。

気をつけておきたい返済金額

カードローンでお金を借りた後は返済が必要となり、一括で返済を行わない場合には毎月の返済期日に入金をすることとなります。分割で支払っていくために一度あたりの返済負担はそこまで大きくなりませんが、毎月の返済金額は借り入れ先によって異なるので利用前に確認をしておかなければなりません。

特に注意をしたいのが「低金利=返済金額も少ない」といった先入観を持っている場合です。金利が低ければ返済の負担はたしかに軽くなりますが、それはあくまで借り入れ金額に対する利息に限った話です。

毎月の返済は借り入れ残高に応じた約定返済金額として定められている場合がほとんどで、金利が低ければ約定返済金額も少なく小さく抑えられているカードローンは多いですが、必ずしもそうとは限りません。

例えば、カードローンサービスのプロミスでは実質年率4.5%~17.8%と金利は決して低くはありませんが、毎月の返済は5万円以下の借り入れで2,000円、10万円以下の借り入れで4,000円と金額自体は少なく抑えられています。

高い金利で少しずつの返済となると最終的な返済総額が膨れ上がってしまいますが、それでも毎月の返済を多くできないといった方がカードローンを利用する際には、金利だけでなく約定返済金額もしっかりと見ておくようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの場合

オリックス銀行カードローンの約定返済金額は借り入れ残高によって決められており、限度額がいくらであっても借り入れの残高によって返済額が決まります。最少額は30万円以下の借り入れ時の7,000円の返済で、限度額が100万円でも200万円でも、いくらであっても借り入れの残高が30万円以下であれば一回あたりの約定返済金額は7,000円となります。

借り入れ残高 返済金額 借り入れ残高 返済金額
30万円以下 7,000円 250万円超
300万円以下
45,000円
30万円超
50万円以下
10,000円 300万円超
400万円以下
50,000円
50万円超
100万円以下
20,000円 400万円超
500万円以下
60,000円
100万円超
150万円以下
30,000円 500万円超
600万円以下
70,000円
150万円超
200万円以下
35,000円 600万円超 80,000円
200万円超
250万円以下
40,000円

約定返済金額は少ない方が良い

毎月の最低返済額となる約定返済金額は、少なく設定されている方が利用がしやすいです。毎月の返済に余裕が持てるだけでなく、余剰金があれば多めの返済をするなど計画的な返済が進められるためです。

オリックス銀行カードローンで見れば30万円以下の借り入れ残高での約定返済金額は7,000円となっていますが、お金に余裕があれば10,000円でも20,000円でも返済が可能です。最低額である約定返済金額を超える分の入金は借り入れ残高に充当され、より早くに完済が行えるようになるのです。

多くの残高の返済を進めておけば利息の負担も軽くなり、より返済が進みやすくなります。約定返済金額が少なく設定されていれば当初の計画よりも早い段階でカードローンの返済が終えられるので、余裕のある借り入れや返済のためには毎月の返済金額の確認は欠かせないのです。

約定返済金額のままの入金では完済が遠のいてしまうため、可能であれば多めの返済ができるようにカードローンの利用を進めてください。オリックス銀行カードローンでも毎月の返済を多くしておけば、より安心して利用ができるようになります。

トップへ戻る