限度額最高800万円のオリックス銀行カードローンは、限度額内で繰り返し借りられます。

重要なカードローンの金利条件

借り入れまでの流れよりも重要と言えるのが、返済に大きく影響する金利です。銀行での借り入れとなるオリックス銀行カードローンは消費者金融と比べると下限金利は年1.7%と低くなっていますが、上限金利に関しては大手消費者金融のプロミスと同じく年17.8%です。

上限金利での借り入れとなると銀行だからこその金利でのカードローン利用とはなりませんが、オリックス銀行カードローンは契約限度額によって金利が段階的に定められているため、大きな金額での契約であれば上限金利は年17.8%よりも下がります。

コース 限度額 適用金利
100万円未満
コース
100万円
未満
年12.0%~
17.8%
100万円
コース
100万円 年6.0%~
14.8%
150万円
コース
100万円超
150万円以下
200万円
コース
150万円超
200万円以下
年5.0%~
12.8%
300万円
コース
200万円超
300万円以下
400万円
コース
300万円超
400万円以下
年4.5%~
8.8%
500万円
コース
400万円超
500万円以下
600万円
コース
500万円超
600万円以下
年3.5%~
5.8%
700万円
コース
600万円超
700万円以下
800万円
コース
700万円超
800万円以下
年1.7%~
4.8%

注目すべきは150万円を超える限度額の場合で、オリックス銀行カードローンで150万円超の限度額での契約となると適用金利は年5.0%~12.8%となります。上限でも年12.8%となり、審査の結果次第で金利が低くなれば年5.0%での借り入れも可能です。

仮に年5.0%となると借り方によっては目的ローンよりも金利が低くなる場合があり、まとまった借り入れもオリックス銀行カードローンでまかなえるようになります。ただ、年5.0%~12.8%の幅でどの金利が適用されるかはオリックス銀行と保証会社による審査の結果によって決まるため、150万円超の借り入れでも必ずしも年5.0%で借りられるわけではない点には注意が必要です。

その他の限度額での契約においても幅が持たれてる金利の中での適用となるため、申し込み時点では細かな利率までは完全には把握できません。それでも一定幅での金利が分かるだけでイメージがしやすくなるため、オリックス銀行カードローン全体の年1.7%~17.8%の金利で考えるのではなく、借り入れ希望額に対応した金利帯を見て借り入れの検討をしましょう。

大きな金額での借り入れで優れる金利

限度額によって金利が変わるオリックス銀行カードローンは、大きな金額を借りる利用にも適しています。特に総額で100万円を超える借り入れであれば、オリックス銀行カードローンなら低金利での利用に期待が持てるようになります。

少額の利用では上限金利が年17.8%となっているオリックス銀行カードローンは金利に劣ってしまう場合もありますが、限度額ごとに金利がコースによって決められているため、金額が大きくなるにつれて金利は段階的に下がります。

教育資金でまとまったお金が必要、資格の取得にかかるお金が足りないといった状況においても、オリックス銀行カードローンは頼れる借り入れ先となります。

余裕のある毎月の返済金額設定

金利とともに申し込み前に見ておきたいのが、毎月の返済金額です。一括で返済をする借り入れしかしないのであればそこまで気にする内容ではありませんが、一括で返済をする予定が計画がずれ込む可能性もあるため、どのような利用方法を考えているとしても返済の金額はしっかりと確認をしておきましょう。

オリックス銀行カードローンの返済金額は借り入れの残高によって決まるようになっており、限度額がいくらであっても借り入れ金額を少なくすると一回あたりの返済金額も少なくなります。毎月に多くの返済ができない方は借り入れを少額に抑えれば良いので、利用者に合わせた借り入れができるようになっています。
毎月の返済金額を確認して借りる

借り入れ残高 返済金額 借り入れ残高 返済金額
30万円以下 7,000円 250万円超
300万円以下
45,000円
30万円超
50万円以下
10,000円 300万円超
400万円以下
50,000円
50万円超
100万円以下
20,000円 400万円超
500万円以下
60,000円
100万円超
150万円以下
30,000円 500万円超
600万円以下
70,000円
150万円超
200万円以下
35,000円 600万円超 80,000円
200万円超
250万円以下
40,000円

大きな金額を借りれば一回あたりの約定返済金額も数万円と大きくなってしまいますが、30万円以下の利用であれば毎月の返済は7,000円と余裕が持てます。お金が余っているときであれば任意の随時返済も可能なため、毎月の返済はギリギリにするよりも余裕を持った方が良いです。

ギリギリにしてしまうと急な出費が重なった際などに返済金が不足する危険性があり、不足での入金などの返済に関するトラブルを起こすと今後の限度額の増額などにも悪影響が出る場合があります。

ちょっとした出費があったとしても返済は確実に行えるように、返済可能額から考えた借り入れ金額を決めておくと安心です。毎月の返済を頑張れば10,000円までならできるのであれば、ギリギリとなる50万円を借りるのではなく、余裕が持てる30万円までの借り入れにするなど、返済にはゆとりを持っておくと良いのです。

  • 余ったお金は返済に回しておく

上記の例では毎月の返済予定金額から3,000円が余りますが、そのお金を無駄に使うのではなく余ったなら余ったでATMから返済に回しておくと良いでしょう。オリックス銀行カードローンは返済時でも提携ATMでの利用手数料が終日無料となっているので、毎月の約定返済を終えた後でもお金に余裕があれば、ATMで随時返済ができます。多めに毎月の返済を進めておけば借り入れ残高が減るため、翌月以降の利息が減少し、予定より早くに完済が可能となります。

トップへ戻る