限度額最高800万円のオリックス銀行カードローンは、限度額内で繰り返し借りられます。

限度額内なら何度でも借りられる

三井住友銀行カードローンの最短即日融資

限度額最高800万円、金利は限度額に応じて年1.7%~17.8%と優れた商品内容で人気のオリックス銀行カードローンは、一度契約をして限度額が設定されると、枠内であれば何度でも再申し込み不要で借りられるようになっています。

限度額が100万円の契約なら100万円まで借りられるので、50万円を借りているとしても追加で50万円までなら再申し込み、再審査不要で借りられます。借り入れもカードを使って提携ATMで手数料無料で利用できるので、便利で頼れるのがオリックス銀行カードローンです。

  • 満額まで借りても返せば再び借りられる

限度額満額まで借りてしまうと増額をしない限りは追加で借りられませんが、返済を行えば返した元金分は再び借りられるようになります。限度額が100万円の契約であれば、100万円を借りた段階で追加での借り入れは利用できませんが、1万円の元金分の返済を行ったとすれば追加で1万円までは借りられるようになります。
フリーローンとカードローンの違い

利用状況によっては追加での借り入れが停止されることがありますが、正常な返済を行い、他社での借り入れが著しく増えていない、その他のオリックス銀行側が不適切と判断するような状況がなければ、限度額内での追加での繰り返しの借り入れが可能です。

目的型ローンとは異なる使い方

文字通りカードローンタイプとなるオリックス銀行カードローンは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的型のローンとは異なる使い方となります。目的型ローンは定められた目的にしか使えず、契約額を借り入れたあとは返済を進めるだけとなりますが、オリックス銀行カードローンは契約額を一度に満額借りる必要は無く、借りたい分だけ枠内で利用ができます。

限度額はあくまで「借りられる額」となり、何も一度に借りなければいけないわけではありません。審査の結果によって決まる限度額が200万円や300万円であっても、何も全額を借りる必要はありません。

必要な金額が10万円や20万円であればそれだけ借りれば良く、さらに少額の2万円や3万円だけ必要であれば必要な分だけATMから借りれば良いのです。使い方次第ではありますがオリックス銀行カードローンは計画的に借りられるサービスとなっており、普段の生活の中での困ったときに頼れます。

  • 用途は生計費であれば幅広い

目的型のローンではないオリックス銀行カードローンは、資金使途は健全な消費性資金としての利用であれば幅広いです。普段の生活費としての利用の他に、レジャーや趣味の費用、他社からの借り換えなどにも使えるので目的や用途に合わせて借りられます。

  • 資金使途の申告は必要ない

契約後のカードによる借り入れ時には、資金使途の申告は必要ありません。初回申し込み時には資金使途の選択欄がありますが、契約後に利用はATMでその都度カードローンの利用目的を選ぶわけでもないので、浪費などを除いて計画通りの借り入れができます。

利用は提携ATMなら手数料無料

オリックス銀行カードローンの借り入れや返済は、ATMでカードを使って行う場合が多いです。全国に設置のコンビニや金融機関のATMで、必要な分を借りる、返済期日までに入金をするといった使い方になります。

銀行振り込みでの借り入れや口座引き落としでの返済も可能ですが、通帳に入出金履歴が記帳されるのを嫌う方が多く、やはり専用のローンカードが発行されるオリックス銀行カードローンではカードを使う利用が多いです。

カードが利用できるATMは数多く、提携ATMでの利用であれば手数料がかからないのも利点です。いつでも何度でも無料となっているので、必要な金額を必要なときにだけ借りられ、無駄がありません。

ATMの利用手数料がかかると、限度額内で繰り返し借りられるとしても今後に再び手数料がかかるのを嫌い、必要以上の金額を借りてしまう場合があります。今は必要なくても今後に必要になるかもしれないといった考えで多めに借りてしまい、結果として無駄遣い、無駄な借金へと繋がってしまうのです。

その点、オリックス銀行カードローンであればATMの利用手数料を気にせずカードが使えるので、限度額内で必要な分だけを借り入れ、足りなくなったら再び必要最低限の借り入れを行えば、無駄に借りすぎることもありません。
提携ATMで利用手数料が無料

  • 無駄遣いをしないようにする心構え

オリックス銀行カードローンは限度額内なら何度でも借りられるため、ついつい借りてしまうといった状況にも陥りがちです。カードローン利用は借金であるため、借金をしている自覚をしっかりと持ち、余計な借金を増やさないように必要最小限の借り入れに留めなければなりません。

借り入れに抵抗を持ち続ける気持ち

カードローンはカードを使ってATMから現金を借り入れるため、何度も利用をしているうちに借金をしている感覚が薄れてしまう場合があります。まるで自分のお金を引き出しているかのようにローンカードを使ってしまい、気が付けば限度額一杯まで借りていたといったこともあります。

これではいざ返済となったときに大きな負担となるため、可能な限り借り入れは最小限度に留め、必要以上のカードローン利用はしないようにすべきです。計画的に借りれば周りに知られることなく借りられるオリックス銀行カードローンは便利なサービスとなるので、自身の計画性の無さで折角のサービスが台無しにならないように注意をしてください。

保証会社を利用する契約となるオリックス銀行カードローンでは、担保や保証人は不要となります。申し込みも契約も自分一人で進められるので、周りに契約で迷惑をかけることはありません。

第00位

オリックス銀行カードローン

来店不要で申し込みから契約まで進められる、低金利の頼れるカードローンです。

金利限度額審査回答来店手続き
年1.7%~17.8%最高800万円最短即日不要
来店不要でオリックス銀行の口座開設も不要で契約ができ、契約後の利用は提携ATMで手数料が無料となる頼れるカードローンです。おまとめや借り換えとしての利用にも人気で、大きな限度額での借り入れであれば金利が下がるため、まとまった借り入れに適しているのが理由の一つです。アルバイトやパートの方では利用が難しいですが、安定した収入を得ている方であれば申し込みが可能です。
オリックス銀行カードローン

申し込みから契約まで

オリックス銀行カードローンの申し込みは来店不要のネット手続きとなり、店頭や郵送での申し込みは行えません。また、FAXや電話での申し込みもできませんが、今の時代はオリックス銀行に限らずどこもネット申し込みが主となっているので特に問題はないでしょう。

申し込みの手順としては以下のようになり、契約まで来店不要となります。審査回答は保証会社であるオリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社の何れかの審査が完了すると最短即日となりますが、低金利カードローンのために審査回答には数営業日を見ておくと安心です。
カードローン契約における保証会社とは

  • ネットでの申し込み

オリックス銀行カードローン公式サイトから申し込みを行います。フォームに必要事項を正しく入力し、よく確認をしながら各項目を埋めるようにしてください。入力ミスや虚偽の記載内容があると、審査に余計な時間がかかったり審査結果に悪影響が出る場合があります。

  • 銀行および保証会社による審査結果連絡

申し込み完了後にメールアドレスの確認があり、終えていると審査結果の連絡は基本的にメールで届きます。メールアドレスの確認が完了していないと電話での審査回答連絡となるので、余計な電話を受けたくない方は忘れずにメールアドレスの確認を済ませてください。

  • 本人確認および在籍確認

申し込み者本人への確認と、勤務先への在籍確認が行われます。本人確認は携帯電話への連絡となり、在籍確認は勤務先に直接電話がかけられます。在籍確認時には担当者の個人名での連絡となり、第三者にはオリックス銀行名やカードローンの手続きであることは伝えられません。

  • 契約に必要な書類の提出

各種確認完了後、必要書類の提出を行います。本人確認書類は必ず必要で、加えて審査の結果によっては別途、何らかの確認書類が必要となる場合があります。必要書類はWeb上でアップロードができるので、手間も時間もかけずに提出が行えます。

  • カードの受け取りと借り入れ

各種確認後に郵送がされるカードは、必要書類の提出が終わっている状態で受け取ればその場から使えるようになります。書類の提出が完了していない場合には提出後のカード利用となるため、ATMまで行ってもカードローンの利用はできないので注意が必要です。

契約後に郵送される封筒

来店不要、口座開設も不要で契約まで進められるオリックス銀行カードローンは、周りに見られることなく申し込みから契約まで進められます。ただ、気になるのは契約後のカードや契約書類の郵送で、家族と同居をしている方などは郵送物でカードローン契約がばれてしまうのではないかと不安に感じるのではないでしょうか。

たしかに郵送物の中身を見られればローンカードと契約書類などでオリックス銀行でのカードローン契約がばれてしまいますが、郵送物は本人にしか受け取りができない形で届くため、本人の知らないところで家族が勝手に郵送物を開けて中身を見るといったことはありません。

また、届けられる郵送物の封筒は、外からはカードローンの書類が入っているとは分からないようになっています。オリックス銀行の通常の業務で使用される封筒と同じ「カードデスク」のものとなっているので、中身を見ない限りはカードローン契約書類やローンカードが入っているとは分からないのです。

以下の画像が実際にオリックス銀行カードローンでの契約時に郵送される封筒となりますが、表面、裏面ともにカードローンとは書かれていません。
消費者金融よりも分かりづらい郵送物

返済計画をしっかりと持つ

オリックス銀行カードローンをはじめとするカードローンサービスは、利用時にはしっかりとした返済計画を持たなければなりません。借りすぎてしまって返済ができなくなるといったことは避け、余裕のある無理のない計画で返済が進められるようにしてください。

計画的に使えば便利なカードローンも、借りすぎて返済に追われるようになると大きな負担となります。毎月の返済もギリギリとなると上にも挙げたように返済が進みにくくなり、毎月毎月払っても払っても借り入れの残高が減らないようになってしまうのです。

生活費が足りないとき、まとまった出費でお金が必要になったときなどに無理なく賢く使い、カードローンを暮らしに役立てていけるようにしましょう。

利用において困ったことや分からない点があれば、オリックス銀行カードローンのコールセンターに問い合わせてください。知らないまま、分からないままで利用をするのはリスクが大きいので、疑問質問があればしっかりと聞いて解決をしておくべきです。

トップへ戻る